うどん作りに挑戦する児童

うどん作りに挑戦する児童

 神埼のおいしい水と佐賀平野の良質な小麦で、神埼そうめんは作られています。そのそうめんを生産している神埼そうめん協同組合の皆さんに、手打ちうどんの作り方を教えていただきました。

 まず、小麦粉に食塩を混ぜてこねます。「耳たぶぐらいにやわらかくなるまで頑張って」。講師のかけ声に、子どもたちは汗をかきながら一生懸命こねていきます。次に麺棒で厚さが均一になるように友達と確認しながら、丸く延ばしていきます。最後に包丁で慎重に5ミリほどの厚さに切ったら出来上がりです。

 子どもたちはうどんを試食しながら、「今まで食べたうどんの中で一番おいしい」「自分でうどんを作れてうれしい」と達成感に満ちあふれた笑顔を見せていました。

 頑張って作ったうどんは家に持ち帰り、食卓に上がった家庭も多かったことと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加