給油した客にシイタケをプレゼントする社員=武雄市の木寺石油本店

 佐賀県内でガソリンスタンド(GS)7店を経営する木寺石油(武雄市、木寺洋信社長)が、休日に給油した人に九州産野菜をプレゼントするサービスを始めた。農産品を景品にした集客策は珍しく、競争の激しい業界で差異化を狙う。

 杵島郡白石町のレンコンやタマネギなど県産品を中心に、隣県のジャガイモやシイタケなどを農家やJAなどを通じて購入。自社GSで月1回開いているイベント時の給油客に無料で配布している。

 GS業界では、石油元売り大手の再編に伴ってブランドの集約が進む。峰松信二取締役は「看板や価格で来店客を増やすのは難しくなる。スタンドを顧客との接点やニーズを探る場として活用してもらえれば」と話し、メーカーと提携して試供品を配るサービスなども視野に入れる。

 問い合わせは木寺石油、電話0954(23)4148。

このエントリーをはてなブックマークに追加