佐賀市の造形作家舟一朝さん(77)が8~9月、ポルトガルを訪れ「風のインスタレーション」と題し、街並みや風景の中に三角布を”展示”した。舟さんは「絵画のように美しい景色もどこか平面的。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加