6位入賞を果たした佐賀県チーム。(左から)青木英樹選手、島本武司選手、亀井敏樹選手=宮崎県のUMKカントリークラブ

 第35回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権大会JA共済CUP(佐賀新聞社など全国新聞社事業協議会主催、宮崎日日新聞社主管、JA共済連特別協賛、富士通・NEC協賛)は26日、宮崎県のUMKカントリークラブで最終ラウンドがあり、佐賀県チームがトータル464で6位入賞を飾った。

 県チームの過去最高順位は7回大会(1989年)の3位で、6位入賞は12回大会(94年)以来、23年ぶり。初日10位と好発進した県チームはこの日、出場9回目の亀井敏樹選手(38)=鹿島市=が74の好スコアをマーク。県選手権王者の島本武司選手(51)=武雄市=や青木英樹選手(66)=唐津市=も手堅くスコアをまとめた。

このエントリーをはてなブックマークに追加