佐賀県内の9月の新車販売台数は前年同月比2・1%増の3371台で、11カ月連続で前年実績を上回った。中間決算期の販促効果で軽自動車が伸びる一方、軽以外の登録車は前年を割り込んだ。

 軽自動車は8・1%増の1692台。販売各社が新型車を中心とした販促イベントなどで需要を喚起し、月単位の販売台数としては本年度最多となった。

 登録車は、3・2%減の1679台。軽自動車税の増税による乗り換え需要のあった前年の反動などで2カ月ぶりにマイナスとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加