「頑張ったね」。ゴールで待っていた母親に迎えられる赤ちゃん=佐賀市のゆめタウン佐賀

 佐賀新聞社は25日、佐賀市のゆめタウン佐賀で「第11回ひびの子育て杯ハイハイよちよちレース」を開きました。ハイハイ、よちよちの部に合わせて46人が出場。必死に誘導する父母、懸命に一歩一歩ゴールを目指す子どもたちに会場からは大きな拍手が送られました。

 ゴールに一直線に向かう子もいれば、スタート地点で座り込んでなかなか動かない子も。赤ちゃん同士で触れ合うほほ笑ましい光景もあり、会場は笑顔に包まれました。

 レースの模様は11月10日、佐賀新聞のウェブサイト「佐賀新聞LiVE」で動画配信します。

このエントリーをはてなブックマークに追加