記念切手を贈る立石本部長と秀島市長(右)=24日、佐賀市役所

「2017佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」を記念して作られたオリジナル切手

 「2017佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」の開催を記念したオリジナル切手が25日、佐賀市内44カ所の郵便局などで発売開始された。62円切手10枚セット(1200円)と82円切手10枚セット(1300円)の2種類。色とりどりのバルーンが一斉離陸する写真や、夜間係留の写真がデザインされている。

 販売部数は各1300セット。切手シートには大会公式ホームページのQRコードも記載している。大会期間中は嘉瀬川河川敷会場でも販売するほか、日本郵便のネットショップでも各50セットを限定販売している。

 発売に先立ち、日本郵便九州支社は24日、記念切手飴を佐賀市と佐賀バルーンフェスタ組織委員会に贈った。贈呈式では同支社佐賀県本部長の立石仁司さんが「切手で熱気球の街を県内外に発信したい。佐賀市を盛り上げる一助になれば」とあいさつ。秀島敏行市長は「今大会は、次の世代につなぐことがコンセプト。切手は全国に広がって心強い」と感謝を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加