早稲田佐賀中 弓道部

 今年8月にあった全国中学生弓道大会。個人の部で2年の家田翔平さん(13)が2位、3年の本吉眞子さん(15)が3位になった。団体でも男子は3位に食い込んだ。3年の平島吏桜部長(15)は「去年よりもいい成績を出せたのはよかったけど、1本差で3位になった悔しさの方が強い」と納得していない。

 男子19人、女子9人が所属。高校生を合わせると、約60人が同じ弓道場で練習している。スペースは限られ、練習時間も1時間を切る日が少なくないが、「高校生の成績を見ているから自然と目標が高くなる」と顧問の時津正純教諭(58)は話す。

 部員はほとんどが寮暮らし。夏には寮が閉まるため練習ができず、全国大会ではそれぞれが練習の「宿題」をこなして臨んだ。

 11月には大会が控える。県内には中学弓道部が少なく貴重な実戦だ。平島部長は「個人、団体共に満足できる内容で優勝したい」。

このエントリーをはてなブックマークに追加