第48回衆院選は、小選挙区、比例代表九州ブロック合わせて前職5人全員が当選した。野党2人が無所属や新党に合流して戦うなど政界の急転もあり、顔ぶれは同じでも態勢は変化した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加