埋め立て工事着手から半年となり、海岸から海の中へ延びる作業用道路=24日、沖縄県名護市辺野古沿岸部(共同通信社ヘリから)

 政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で埋め立て工事に着手して25日で半年となった。共同通信が24日にヘリコプターで上空から取材したところ、南西側の工区で作業用道路が青い海の中へ延び、新たな護岸造成に向けて準備が進んでいる様子が確認できた。

 政府は4月25日、埋め立て区域北側の外枠となる「K9」護岸から工事を開始。砕石を積み上げて基礎部分を形成し、夏に砂浜から沖合へ約100メートルまで達したところで作業を止めている。

 一方、南西側では、施設の内側を仕切る「N5」護岸と、外枠となる「K1」護岸の造成を近く始める方針。この工事で資機材を搬入するための道路の整備が3カ所で進んでいた。

 陸上部分では、砕石の入った網袋が数百個積んで並べられた。、パワーショベルや大型クレーン車が近くで動いていた。

 台風21号の接近を受け、立ち入り禁止区域を示す海上のフロート(浮具)が一時撤去されたが、再び運び出す船の姿も見えた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加