常任幹事会で、民進党佐賀県連の今後の方針などを確認した出席者=佐賀市鍋島

 民進党佐賀県連は24日、常任幹事会を開き、衆院選の総合選挙対策本部を解散した。衆院選では全国の民進出身者が希望の党、立憲民主党、無所属に分かれて選挙を戦っており、党分裂後の県連の今後の方針について「中央の動向を注視しながら検討する」ことを確認した。

 会合には当選した佐賀1区の党副代表原口一博氏と、民進出身で2区の大串博志氏も出席した。希望公認を辞退して無所属で出馬した原口氏は「大変迷惑を掛けたにもかかわらず、力添えをいただいて勝ち取ることができた」と感謝を伝え、希望公認の大串氏は「安倍政権を止める野党間の大きな連携ができるよう原口代議士と話をしながら考えていきたい」と述べた。

 選対本部長を務めた園田泰郎代表代行は「全国でも選挙区を制覇したのは佐賀だけで、成果があったと捉えるべき。2人がそれぞれの所で野党がどうまとまるか思いをはせてもらいたい」と総括した。(山本礼史)

このエントリーをはてなブックマークに追加