感謝状贈呈の後、山口知事(左)と「使う薬も時代で変わってきた」と談笑する中尾さん(右)と石松さん=県庁

 薬事功労者に対する知事感謝状の贈呈式が18日、佐賀県庁であった。山口祥義知事が県薬剤師会理事の石松康二さん(67)=小城市と、県医薬品配置協議会副会長の中尾俊行さん(68)=嬉野市の長年にわたる功績をたたえ、感謝状を手渡した。

 石松さんは約50年間、薬剤師として糖尿病相談会などの地域活動に携わるほか、学校でダニ検査やシックハウス検査を実施して子どもたちが快適な環境で学べるように指導してきた。中尾さんは51年以上、医薬品の配置販売業に従事し、県内外で地域住民の相談相手となって健康管理などに努めてきた点が評価された。

 中尾さんは「うれしくて昨夜は眠れなかった。これからも少しでも薬業界に役に立てるように頑張りたい」と喜び、石松さんは「元気なお年寄りの手助けができる薬剤師になれれば」と抱負を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加