多くの方へ作品展への来場を呼びかける槻木律子さん=吉野ヶ里町

 吉野ヶ里町の粘土工房「りっか」が28、29の両日、午前10時から午後5時まで、ソフトクレイや石粉粘土などを使った花のアレンジ作品展を開く。りっか25周年を記念して、生徒の作品を含めて約50点を隣接する自宅で初めて展示する。

 工房で講師を務める槻木律子さん(62)は、パッチワークの教室を数年開いた後に、鳥栖市内で開かれていた展示会を見たことを機に作品作りに没頭するようになったという。

 今回の展示会は、花をモチーフにした作品を並べ、「暮らしを彩る」をテーマに、自宅を展示場として活用し、床の間やリビングにあった作品を置く。

 槻木さんは「空間を生かした展示を楽しんでもらえれば」と来場を呼び掛ける。入場無料。問い合わせはりっか、電話0952(53)6502。

このエントリーをはてなブックマークに追加