第46回日本男子ソフトボール西日本リーグ第4節最終日は23日、鹿児島県南九州市の知覧平和公園諏訪運動公園であり、ダイワアクト(佐賀市)は高知パシフィックウェーブに0―2、大阪桃次郎に2―17で敗れた。通算成績は10勝6敗の4位で、東西リーグの上位各4チームで争う決勝トーナメントに進んだ。

 高知パシフィックウェーブ戦は三回に本塁打などで先制を許す一方、打線が振るわず無得点に終わった。続く大阪桃次郎戦は古川恵士、乘本真視の継投で臨んだが、集中打を浴び、五回コールドで敗れた。

 決勝トーナメント第1日は11月11日、栃木県の足利市総合運動場硬式野球場であり、ダイワアクトは午後1時から東日本リーグ1位のチームと対戦する。

高知パシフィックウェーブ

002 000 0-2

000 000 0-0

ダイワアクト

このエントリーをはてなブックマークに追加