愛知県は12日、名古屋市の東山動植物園で死んだコクチョウ3羽が確定検査の結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)に感染していたと確認した。東山動植物園は、他の鳥類の殺処分はしない考え。動物園エリアは11日から休園中で、防疫体制強化のため、再開は来年1月初旬以降になる見通し。

 県によると、3羽は野鳥の出入りが可能な野外の池で飼育され、11月29日、12月4日、6日にそれぞれ死んだ。

 茶谷公一動物園副園長は「(感染を確認したコクチョウと)濃厚接触した可能性のある鳥も隔離スペースにいる。現段階で感染の広がりは見受けられず、殺処分は考えていない」と話した。

 環境省によると、飼育されていた鳥から鳥インフルエンザウイルスを検出した動物園は、秋田市大森山動物園に次いで今季2カ所目。

 また、鹿児島県出水市のナベヅル2羽と水戸市のユリカモメ1羽、新潟県阿賀野市のコハクチョウ1羽からも同型の高病原性ウイルスが検出されたことが分かった。鳥はいずれも野生で死んでいた。

 青森県三沢市で見つかった野鳥のコブハクチョウ1羽の死骸から、遺伝子検査で鳥インフルエンザが検出されたことも判明。

 栃木県真岡市で衰弱していたオオタカや、北海道上士幌町の衰弱したフクロウ、岩手県滝沢市で死んでいたマガモ1羽から、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たことも明らかになった。《共同》

このエントリーをはてなブックマークに追加