愛知県は12日、名古屋市の東山動植物園で死んだコクチョウ3羽が確定検査の結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)に感染していたと確認した。東山動植物園は、他の鳥類の殺処分はしない考え。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加