■台風影響 唐津市1日遅れ開票

 

 第48回衆院選の佐賀2区は23日午後、台風の影響で繰り延べしていた唐津市の開票の結果、希望前職の大串博志氏(52)が10万5921票を獲得し、自民前職の古川康氏(59)らを破り、5回目の当選を決めた。佐賀1区は無所属前職の原口一博氏(58)が制しており、自民は県内選挙区から議席を失う歴史的敗北となった。

 

 これで全小選挙区の当選者が確定した。古川氏と1区で原口氏に敗れた自民前職の岩田和親氏(44)はいずれも比例代表九州ブロックで復活当選した。

 武雄市北方町の大串氏の事務所には支援者約550人が詰め掛け、午後4時20分に当確が伝わると歓声とともに割れるような拍手が起こった。万歳三唱で喜びを分かち合った大串氏は「野党を引っ張るリーダーとなり、安倍政権を止めていく勢力をみんなでつくっていく」と勝利宣言した。

 大串氏は、衆院解散後に民進から事実上合流した希望の公認で挑み、顔の見える地道な活動を重ね、これまで一度も自民が失ったことのない保守地盤から議席を奪い取った。古川氏は前知事の知名度も生かしながら懸命の組織戦を展開したが、逆転を許した。

 古川氏は9万9103票、共産新人の大森斉氏(62)は7920票だった。

 1区は22日の即日開票の結果、原口氏が10万5487票を獲得し、岩田氏らを破って8回目の当選を果たした。

 台風21号の接近で離島の投票箱を運ぶことができなかった唐津市は公選法の規定に沿って即日開票せず、23日に延期していた。2区の投票率は前回より2・18ポイント増の61・18%。県全体は59・46%で、戦後最低を記録した前回を1・69ポイント上回った。1区は57・64%だった。

 

ウェブ号外はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加