トヨタ紡織九州-大同特殊鋼 後半、トヨタ紡織九州のLW藤本拓のシュートが相手GKにはじかれる=愛知県の春日井市総合体育館

 第42回日本ハンドボールリーグ第8週最終日は22日、愛知県の春日井市総合体育館などであり、男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は大同特殊鋼(愛知県)に23―33で敗れた。通算成績は1勝1分け7敗。順位は変わらず8位。

 トヨタ紡織九州は序盤、CB金東〓(吉を横に二つ並べる)(キム・ドンチョル)の連続得点で先行。GK岩下祐太を中心に粘り強い守備を見せて、前半を14―15で折り返した。しかし、後半はシュートミスから逆速攻を許す場面が目立って失速。最後は守備の足も止まって大きくリードを広げられた。

 トヨタ紡織九州は第9週最終日の29日午後2時から沖縄県の宜野湾市立体育館で琉球コラソン(沖縄県)と対戦する。

 

 ▽男子

大同特殊鋼 33 15―14 23 トヨタ紡織九州

         18―9

(5勝2分け2敗)         (1勝1分け7敗)

         

琉球コラソン 25 13―10 22 北陸電力

          12―12

(4勝5敗)             (9敗)

 

トヨタ車体 32 14―14 28 トヨタ自動車東日本

         18―14

(6勝3分け)           (4勝5敗)

 

大崎電気 36 15―9  28 豊田合成

        21―19

(7勝2敗)           (4勝2分け3敗)

このエントリーをはてなブックマークに追加