開票を延期した自治体

 台風21号が接近し全国で荒天となった22日、愛知、三重、兵庫、山口、愛媛、佐賀、宮崎、沖縄の8県の一部自治体で離島便が欠航するなどし、衆院選や最高裁裁判官国民審査の投票箱が回収できず、即日開票されなかった。計12選挙区と比例各ブロックに影響、いずれも23日に開票する。過去に集中豪雨などで一部の自治体が投票日を延期したケースもあるが、即日開票の見送りは異例。総務省の担当者は「国政選挙で開票が延期されたケースは聞いたことがない」としている。

 開票作業は公選法に基づき、選挙区ごとに投票箱が全てそろってから、自治体が進めることになっている。

 山口県萩市(山口3区)と約44キロ離れた同市の見島を結ぶ定期航路が終日欠航となり、県選挙管理委員会は23日に投票箱を移送する。愛知県西尾市選管も佐久島の投票箱を回収できないとして、愛知12区などの開票を23日午後2時に延期した。

 佐賀県唐津市(佐賀2区)では、七つの離島のうち五つと本土を結ぶ船が航行できなくなり、即日開票を見送った。 宮崎2区の宮崎県延岡市では島野浦島から投票箱を運べず、開票を延期した。

 愛媛県では愛媛1区と2区にまたがる松山市、4区の八幡浜市で、離島から定期航路やチャーター便で移送する予定だったが、台風の影響で欠航し運べなくなった。

 沖縄県選管は、うるま市(沖縄3区)と南城市(同4区)、座間味村(同1区)で離島から投票箱を移送することが難しい状況となった。

 三重県の鳥羽市と伊勢市では道路が冠水して投票箱の回収が遅れ、県選管は三重4区の開票を23日午前8時半に延期。兵庫県選管は台風による停電を理由に、同県篠山市の即日開票を断念した。

 和歌山県新宮市では冠水のため、開票作業が大幅に遅れた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加