厚生労働省は12日、虐待を受けた子どもを児童相談所の判断で親から引き離す「一時保護」について、期間が2カ月を超える場合、継続の適否を家庭裁判所が審査する仕組みを新たに検討する方針を固めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加