支援してくれた人たちと握手を交わす中島徹さん(左)=午後9時9分、佐賀市水ケ江の事務所

 午後8時すぎ、他候補の当確報道を受けて幸福実現党の中島徹さん(43)は肩を落とした。支援者を前に「大変厳しい結果。努力不足」と深々と頭を下げた。

 2度挑戦した参院選は落選。「3度目の正直」と臨み、拠点の佐賀市内だけでなく、県東部地区でも精力的に声をからした。「『頑張ってください』の声にとても勇気づけられた」。当選を逃し唇をかんだが、「選挙のたびに確実に力をつけていると実感している」とも。

 普段からつじ立ちや佐賀の魅力をネット配信するなど努めてきた。「あしたから初心に戻って一からやり直す。完敗だけど、諦めずにやり続ける」。最後は前を向いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加