武雄市が学習スペース確保のため賃貸契約を解消して返却を要請することになった武雄市図書館のCD・DVDレンタルコーナー

 佐賀県武雄市の小松政市長は13日、市図書館・歴史資料館内で市が賃貸しているCD・DVDレンタルコーナーについて、中高生らの学習スペースを確保するため、指定管理運営者に返却を要請する考えを示した。

 市議会一般質問で、図書館の利用者に「学習スペースが足りない」という声があることへの対応を問われ、答弁した。

 小松市長は「CD・DVDコーナーを活用できないかと考えている。(賃借している指定管理運営者の)CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)に戻してもらえないか申し入れたい」と答えた。議会後の取材に「近く申し入れたい。CCCの考えを聞いたうえで改修や開設時期などを詰めたい」と説明した。

 CCCの宮地康志武雄市図書館マネージャーは「まず市から話を聞いて対応を考えたい」と話した。 

 CD・DVDコーナーは260平方メートルで年間の使用料は約218万円。CCCはこのコーナーとコーヒー店、書店のスペースを合わせ745平方メートルを年間612万円で使っている。

 CD・DVDコーナーは、2013年4月からの指定管理運営移行で改修する前は江戸後期の武雄鍋島家の洋学資料を展示していた「蘭学館」だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加