これを青天井というのだろうか。東京電力福島第1原発の事故処理費用が3年前の想定と比べ2倍の21・5兆円となることが明らかになった。今回の試算も根拠は曖昧で、最終的にどこまで膨れあがるか、予測も難しい。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加