書物を読み始めたころ、「東洋」という語に心を惹(ひ)かれたという。漢字学者の白川静(しらかわしずか)さん(1910~2006年)の述懐である。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加