台風21号の接近で唐津市選挙管理委員会は22日中に離島7島の投票所から開票所へ投票箱を運べないとして、開票作業を23日に行うことを決めた。

 投票用紙の一部でも開票所に届かなければ、その自治体で開票は行われず、関係する小選挙区の当確が判断できないため、衆院佐賀2区や比例代表九州ブロックの当選者の確定はできない見通しとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加