鳥栖市の50代男性がニセ電話詐欺に遭い、計330万円を振り込んだものの、警察にすぐ相談して振り込み先の口座を凍結でき、300万円が返金された。鳥栖署が13日、発表した。

 同署によると、男性の携帯電話に11月30日、競馬情報サイトの社員を名乗る男から「着順の決まったレースがある」と、地方競馬中継を見るように促す電話があった。翌日の中継中、男から「ゴールの500メートル手前になれば当選する着順を読み上げる」と電話があり、その通りになったため、予想してもらえる次のレースの参加費として12月6日、30万円を市内の金融機関ATMから振り込んだ。

 男性はさらに、当選金を高額にするためとして800万円の投資を持ち掛けられたが、11日に300万円を振り込んだ直後、不審に思って家族に相談。届けを受けた鳥栖署が金融機関に口座凍結を依頼した。

 同署は「詐欺に遭っても早めの届け出で被害を防ぐこともできる」と相談を促している。

このエントリーをはてなブックマークに追加