表彰を受ける大野昭幸さん=佐賀市の県庁

  佐賀県交通対策協議会(会長・山口祥義知事)は19日、日頃から地域の交通安全活動を行っている交通指導員13人と鳥栖市と基山町の交通対策協議会を交通安全功労者として表彰した。

 佐賀県庁で開かれた表彰式では、落合裕二県民環境部長が「日頃から子どもたちの安全を守るだけでなく、ドライバーなどにも交通安全の注意喚起をしていただき感謝する」とあいさつ。年末にかけ交通事故が増える傾向にあるとし「気温が下がり、日々の活動が厳しくなると思うが、今後も交通安全対策に尽力してほしい」と呼び掛けた。

 藤津郡太良町で30年以上、街頭での交通指導や子どもたちに交通安全教室をしてきた大野昭幸さん(79)は「事故を1件でも減らせられるように、今後も活動を続けていきたい」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加