「過去の失敗は価値がある。生かして老後ビジネスに役立てて」と話す杉村太蔵さん=佐賀市の佐賀大学

 元衆議院議員でタレントの杉村太蔵さんが14日、佐賀市の佐賀大学で資産形成などについて講演した。自身の歩んできた道を紹介しながら、「目の前のことに全力で取り組んできた。周囲の期待に応えることで道が開けた」と語った。

 県民に金融や経済に目を向けてもらおうと県、県金融広報委員会が開いた。杉村さんは「お金と人生設計と生きるチカラ講座」をテーマに講演。厚生労働委員会に所属した経験から、「年金制度が考案された当時よりも平均寿命が延びたのが誤算。資産形成のためにできるのは長く働くこと」と強調した。

 欠陥住宅を購入した経験を生かし、不動産会社を立ち上げた80代女性の例を紹介。「現役時から自分に何ができるのか可能性を考えて。過去の失敗や挫折は老後のビジネスに生かせる」とした。

 また、投資についても触れ、「金儲けを考えていても増えない。会社、経営者を成長させたいと思い、応援団になること。すべての投資にリスクはつきもの。元本を保証するとか、利益必ずが出るという話を持ちかける人は詐欺師」と注意喚起も行った。

このエントリーをはてなブックマークに追加