開幕前日会見に臨んだバレーボールのプレミアリーグ女子の主将たち=20日、ゼビオアリーナ仙台

 バレーボールのプレミアリーグは21日に女子がゼビオアリーナ仙台で、男子が東京体育館で開幕する。20日は監督、選手が試合会場で記者会見し、女子で2連覇を狙うNECの柳田主将は「今年のチームの強みである攻撃を生かしたい」と力を込めた。膝を痛めていた昨季最高殊勲選手賞の古賀は回復し、出場できる見込み。

 昨季2位の久光製薬を率いる酒井監督は新加入したアキンラデウォの高い攻撃力に触れ「そこにどうつなげていくか」と鍵の一つに挙げた。

 男子で昨季優勝の東レの小林監督は「スケールの大きなチームになっている。昨季以上のものを見せられると思う」と自信をのぞかせた。昨季2位で2季ぶりの頂点を目指す豊田合成の古賀幸主将は「どこが勝ってもおかしくない。ここ数年と同じ成績を収めたい」と抱負を語った。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加