6季ぶり14度目の九州大会に臨む佐賀学園

 佐賀大会は1回戦から全6試合で67得点。強力な打線で6季ぶりの「九州切符」を手に入れた。準々決勝・鳥栖商戦で8点差を逆転した自信から、チームの安定感も増した。木村佳正監督は「好調の打線を維持して、九州でも上位へ」と意気込む。

 チーム打率は4割1分9厘。中核を担う1番棚町と4番松尾はともに打率が5割を超え、本塁打を放つ長打力もみせる。得点圏打率が高い小池が3番を務め、下位も打率3割超えの選手が多く、どこからでも得点できる力がある。

 投手陣は最速135キロの直球と切れの良い変化球が武器の左腕池田が主戦。制球力がある永渕、緩急をつけて勝負する山下とタイプが異なる3投手がそろう。全6試合で3失策と守りも安定しており、堅実さが持ち味の二塁手秀を中心に、投手陣をもり立てる。

 盗塁は1試合平均で3・67。「全員が走るチームにして、チャンスを広げたい」(木村監督)と攻撃力向上に余念がない。コンディションを整え、初のセンバツ出場を果たしたい。

 

部長 北島 徹也

監督 木村 佳正

 投 池田 大夢 2 伊万里 177 75

 捕 河端 歩夢 1 牛 津 166 75

 一 古賀 魁人 2 川 副 176 89

 二 秀  志大 1 伊万里 174 63

 三 今村 駿吾 1 福岡・三国 172 75

 遊 小池 大和 1 鍋 島 173 64

 左 鉄本  翼 2 兵庫・大池 172 63

 中 棚町 円偉 2 福岡・大刀洗173 76

 右 松尾 武蔵 2 城 東 172 71

◎  内藤 太尊 2 七 山 173 78

   永渕 琢也 1 鳥栖西 178 60

   山下 光聖 1 唐津五 170 58

   岡  千普 2 城 東 172 76

   永尾 幹太 2 武 雄 167 76

   冨永 稜太 1 城 北 173 63

   本山 雄大 1 鍋 島 170 58

   古川 篤来 2 城 東 170 74

   植田 龍雅 1 三日月 169 65

   柳  祐希 2 兵庫・大池 173 63

   山本 義人 1 鍋 島 165 62

 

=県大会の成績=

 

1回戦  25─0  厳木

   (五回コールド)

2回戦  5─0  白石

3回戦  7─0  唐津南

   (八回コールド)

準々決勝 13─9  鳥栖商

準決勝  9─8  鳥栖

決勝   8─2  伊万里

このエントリーをはてなブックマークに追加