西九州大職員 丸田和弘さん(神埼市)

 今回の衆院選では、多くの党が教育無償化を掲げ、大学などの高等教育まで無償化すると主張する党もあります。消費税増税分を充てると説明しているけれど、野党は増税凍結や中止を訴えていて、現実味はどれだけあるのでしょうか。

 子育てが身近な世代としては無償化はありがたい。でも、本当に必要なところに税金が使われているか、疑問を感じます。無駄遣いを減らすことが最優先。その上で、教育分野では学生の質をいかに高めるかや地方大学の活性化など本質的な議論を期待しています。(神埼市)

このエントリーをはてなブックマークに追加