県共同募金会は15日、J1サガン鳥栖-セレッソ大阪戦があった鳥栖市のベストアメニティスタジアムの北入り口広場で募金活動を行った。黄色い法被を着た約10人が赤い羽根共同募金に協力を呼び掛けた。

 雨が降る中、スタジアム入場口に向かうサポーターに「募金の協力をお願いします」と笑顔で声を掛け、500円以上の募金をした人にはサガン鳥栖マスコットキャラクター「ウィントス」と赤い羽根のコラボピンバッジを贈った。

 サガン鳥栖の協力による赤い羽根募金は昨年度、ホーム2試合で協力を呼び掛け43万円を超す浄財が寄せられた。今年は11月のホーム戦でも取り組む予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加