唐津市呼子町の呼子小(音成隆校長、243人)の児童たちが27日、特別養護老人ホーム「宝寿荘」に車いす1台を寄贈した。プルタブやアルミ缶を回収してきた6年間の積み重ねが大きな成果を生んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加