■議会質問に「別の機会で」

 三養基郡上峰町の武広勇平町長(37)は13日の定例議会一般質問で、来年3月の町長選出馬について「今後判断して答えたい」と述べるにとどめ、態度表明を見送った。

 次期町長選への考えを聞かれた武広町長は「(出馬表明は)この議場が適切だったかもしれないが」としつつ、親戚が11日に亡くなり、14日の葬儀を理由に別の機会にする意向を示した。一方で、1、2期目の公約に触れ「子育て支援センター開設など、できていないものが6項目ある」と“やり残し”にも言及した。

 町長選は3月7日告示、12日投開票。これまで町長選に出馬を表明した人はいない。

 元参院議員秘書の武広氏は、公職選挙法違反で前町長が失職したことによる2009年3月の出直し町長選で、元副町長との一騎打ちを制して初当選、13年の2期目は無投票で再選した。任期は来年3月21日まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加