昨年11月の「ストリート陸上」には、ケンブリッジ飛鳥選手(手前左)らが登場。小学生と競走した=佐賀市城内の本丸通り

 陸上の世界選手権(8月・ロンドン)の男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した藤光謙司選手ら6人が走りを披露する「ストリート陸上」(県主催)が、22日午後1時半から佐賀市城内の本丸通りで開かれる。世界クラスのスピードを間近で体感できる。

 道路上に長さ65メートルの仮設トラックを設置。リオパラリンピック男子400メートルリレー銅メダルの芦田創選手と山本篤選手、2014年仁川アジア大会女子400メートルリレー銅メダルの藤森安奈選手、日本パラ陸上女子100メートル(車いす)2位の中尾有沙選手、男子200メートル障害のアジア記録者、秋本真吾選手も参加する。

 トップアスリートと小学生の競走や走り方を教わる講座もある。県スポーツ課は「練習の取り組み方や走る時の心構えなども聞くことができる。ぜひ見に来て」と話す。「佐賀さいこうフェス」と同時開催で観覧無料。混雑が予想されるため、公共交通機関の利用を勧める。雨天時は佐賀西高体育館で内容を変更して行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加