講演する中沼氏=佐賀市の佐賀市文化会館

講演する中沼氏=佐賀市の佐賀市文化会館

大会に参加した防犯ボランティアら=佐賀市の佐賀市文化会館

 県民の防犯や安全、暴力追放の意識向上を目的とした、地域安全・暴力追放県民大会(県防犯協会、県暴力追放運動推進センター、佐賀県警共催)が6日、佐賀市文化会館で開かれた。県内の防犯ボランティアや警察関係者など約600人が参加し、地域の安心安全確保に向け、各機関の連携を確認した。

 大会では、摂南大学法学部の中沼丈晃准教授が地域の防犯ボランティア活動について講演。中沼氏は自らが普段行っている小学生の見守り活動やランニングをしながらの夜間パトロールなどを例に挙げ「ボランティアは自分がやりたいと思えないとだめ。やりがいを生むには工夫することが重要」と訴えた。=写真

 このほか、佐賀大学の演劇サークル「drama!!」の暴力団離脱に関する寸劇の上演や防犯カメラなどの最新防犯グッズの展示なども行われた。

このエントリーをはてなブックマークに追加