標高400メートルの棚田に飾られたTシャツ=有田町岳地区

ヒマワリに囲まれた棚田に飾られたTシャツ=有田町岳地区

 標高400メートルの棚田を多彩なデザインのTシャツで彩る棚田Tシャツアート展が、有田町岳地区で開かれている。約150枚のTシャツが、ひらひらと秋風に揺れ、訪れる人の目を楽しませている。22日まで。

 住民グループ「岳の棚田環境保全協議会」などが昨年から開いている。デザインは全国から募集し、写真やイラストなどが白いTシャツにプリントされている。

 会場は日本の棚田百選に選ばれた岳の棚田の一角。眼下には江戸時代から少しずつ切り開かれた棚田が連なり、伊万里市の市街地も望める。Tシャツの周りには住民らが植えたヒマワリが咲き、刈り取り直前の稲穂が黄金色に実っている。

 21、22日には地元の野菜や新米、おはぎなどの販売もある。

このエントリーをはてなブックマークに追加