小説をたくさん読んできたわけではないが、おそらく日本で最も古い時代設定ではないか、と思う。直木賞作家の荻原浩さんの『二千七百の夏と冬』(双葉文庫)を最近読んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加