ヴァルドワーズ県のバザン知事との会談し、記念品の有田焼を手渡す山口知事=11日、フランスヴァルドワーズ県

ジャパン・コスメティックセンター(JCC)のアルバン・ミュラー氏の化粧品工場を見学する山口知事=12日、フランス

 コスメティック構想や水辺環境の活用の先進例を視察するため、山口祥義知事は11~15日の5日間、欧州を巡った。化粧品産業が盛んなフランスのヴァルドワーズ県や、水の都として知られるイタリアのベネチアなどを訪れ、目指すべき姿のヒントや国際交流促進の足がかりを得た。

山口知事は、ジャパン・コスメティックセンター(JCC)会長のアルバン・ミュラー氏の化粧品工場を視察。県立総合運動場敷地内へのアリーナ建設計画の参考にするため、パリのアコーズホテルアリーナも訪れた。

 化粧品やバイオなどさまざまな産業が集まるヴァルドワーズ県のアルノー・バザン知事とも会談した。山口知事は「佐賀は日本で初めて鉄製大砲の鋳造や実用蒸気船の建造に成功した地。その志と技術が現在のコスメティック構想に受け継がれている」と佐賀県の特徴を紹介。

 バザン知事は「フランスのコスメティックバレーとJCCのさらなる交流を深めたい。その他の分野でも交流を」と呼びかけ、山口知事と教育や文化など、幅広く交流することを確認し合った。

【写真】ジャパン・コスメティックセンター(JCC)のアルバン・ミュラー氏の化粧品工場を見学する山口知事=12日、フランス

ヴァルドワーズ県のバザン知事との会談し、記念品の有田焼を手渡す山口知事=11日、フランスヴァルドワーズ県

このエントリーをはてなブックマークに追加