二宮洋二頭取(右)から寄付金の目録を受け取る山田健一郎理事長=佐賀市松原の佐賀共栄銀行本店

 佐賀共栄銀行(二宮洋二頭取)は12日、市民活動の中間支援を行う佐賀未来創造基金(山田健一郎理事長)に84万円を寄付した。同基金は地域で社会貢献活動を行っている小規模団体に助成する。

 寄付は2013年度から実施し7回目。今回は7~9月に販売した「薩長土肥×きょうぎん未来定期預金」の預入総額約41億円に一定割合を掛けて寄付額を決めている。

 佐賀市松原の同行本店で贈呈式があり、二宮頭取は「地域にとって役に立っているかという点を大事にしてほしい」とあいさつ。目録を受け取った山田理事長は「福祉目的という点にとどまらず助成団体を幅広く捉えたい。頭取の言葉を肝に銘じて大切に使います」と話した。

 同行はこれまで高齢者や児童、障害者福祉などに取り組む35団体に計665万円を活動資金として助成してきた。助成先は、有識者らでつくる選考委員会が決定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加