1区 「未定」層の動向に注目

 序盤に先行されていた無所属前職の原口一博が優位に戦いを進め、自民前職の岩田和親が追い掛ける展開となっている。幸福実現の中島は苦戦している。

 原口は、党副代表を務める民進支持層の9割、公認を辞退した希望の党の7割を固めた。候補一本化で擁立を見送った共産からも9割を集める。地域別では大票田の佐賀市で優勢。年代別では20、30、50、60代が支持している。男女双方でリードする。

 岩田は、自民支持層と、選挙協力している公明のそれぞれ6割を固める。鳥栖市や神埼市、吉野ヶ里町、みやき町で優位に立つ。年代別では10代、40代、70歳以上が支持した。

 主な国政課題への賛否でみると、玄海原発の再稼働や佐賀空港へのオスプレイ配備計画に反対する人たちは原口を、賛成する人たちは岩田を支持した。

 JAグループ佐賀の政治団体「県農政協議会」が自主投票としたことで注目が集まる農林漁業者の動向は4割が原口を、3割が岩田を支持している。

 佐賀、鳥栖、神埼の3市をはじめ1区全体でも投票先を決めていない人が3割。都市部での戦いが選挙結果を左右しそうだ。

 

2区 唐津、伊万里の戦い鍵

 自民前職の古川康が先行していたが、希望前職の大串博志が猛追して横一線で激しく競り合っている。共産新人の大森斉は苦戦している。

 古川は30、40、60代でリードし、武雄市や多久市、旧2区の鹿島市などで優位に戦いを進める。自民支持層の7割、選挙協力する公明支持層の6割を固めた。農林漁業者は6割の支持が広がり、管理職も4割に浸透する。

 大串は20、50代に支持が広がり、小城市や郡部でリードするほか、旧3区の各市にも食い込む。希望支持層の9割、立憲民主と社民の支持層の7割を固め、商工自営業の4割が支持する。無党派層にも浸透している。

 大森は共産支持層の7割を固め、10、20代の支持を集める。

 選挙区に立地する玄海原発(東松浦郡玄海町)の再稼働賛成の4割が古川を支持し、反対の4割は大串を支持する。「目標時期を決めて脱原発するべき」とした人の支持は古川と大串が拮抗(きっこう)する。

 大票田の唐津市と2番目に多い伊万里市で3割がまだ投票先を決めておらず、終盤戦の票の掘り起こしが勝敗の鍵を握る。

このエントリーをはてなブックマークに追加