「40代を迎え、充実して絵に向かい合っている」。精緻な描写が繊細な叙情性をかき立てる、画家で佐賀大准教授の小木曽誠さん(41)の巡回展が、18日からの東京展を皮切りに全国4カ所で開かれる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加