鈴木良雄(左から2人目)とBASE TALKのメンバー

 日本ジャズ界を代表するベーシスト鈴木良雄のリーダーバンド「BASS TALK」が11月7日19時、佐賀市の旅館あけぼのでジャズディナーショーを開く。深まりゆく秋の夜長、旬の食材を使った和食と、叙情的にしっとり聴かせるオリジナル曲が楽しめる。

 ジャズディナーショーは、旅館で和洋の雰囲気を一緒に味わってもらおうと、20年ほど前から始めた「宿屋でシリーズ」の一環。

 鈴木良雄は1946年生まれ、長野県出身。60年代から渡辺貞夫らのグループで演奏。73年に渡米した後はスタン・ゲッツやアート・ブレイキーらのバンドのレギュラーベーシストとして活躍した。2002年にリーダーバンド「BASS TALK」を結成。ホール公演やツアーなど、精力的に活動している。

 ディナーショーではアコースティックな生音を大切にする鈴木良雄のオリジナル曲を、フルートの井上信平、ピアノの野力奏一、ドラムの岡部洋一の演奏とともに披露する。

 チケットは1万円(食事、フリードリンク)。食事19時、開演20時半。問い合わせは旅館あけぼの、電話0952(24)8181。

このエントリーをはてなブックマークに追加