佐賀銀行の福岡市内の2支店に侵入し、干隈支店から現金5430万円を盗んだなどとして、建造物侵入や窃盗などの罪に問われた元行員の吉田淳被告(43)に福岡地裁は16日、「行員の地位を利用し、極めて不可欠かつ重要な役割を果たした」として懲役6年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

 岩田淳之裁判官は判決理由で、干隈支店の事件について「被害額は相当に高額で、周到に準備された組織的、計画的な犯行。支店の鍵や内部情報を共犯者らに提供した」と述べた。顧客情報流出に関しては「悪用の危険性が高く、現に預金を引き揚げた顧客もいる」と指摘し、「いずれの犯行も悪質で、銀行が少なからず社会的な信用を失った。相当期間の実刑は免れない」と総括した。

 判決によると、吉田被告は服部龍二被告(36)=窃盗罪などで実刑=らと共謀し、昨年10月に干隈支店へ侵入して現金を盗み、昨年8月には窃盗目的で箱崎支店に侵入した。また、顧客から預かった現金1300万円を着服し、預金額1億円以上の顧客情報が記載された名簿を服部被告に提供するなどした。

 佐賀銀行を巡る一連の事件は、起訴された10人のうち吉田被告を含む9人が実刑判決となった。干隈支店の事件に関与したとして、窃盗ほう助などの罪に問われた船津武治被告(45)の公判が続いている。

このエントリーをはてなブックマークに追加