国土交通省は、ディスポーザーと呼ばれる流し台の生ごみ粉砕機の技術を応用し、下水道に紙おむつを流す仕組みの検討に乗り出す。保管やごみ出しの手間をなくし、家庭での高齢者の介護や子育ての負担軽減につなげる狙い。早ければ本年度中に有識者委員会を立ち上げ、5年後の実用化を視野に入れる。

 使用済み紙おむつは、ごみ収集日までの家庭での保管が負担となっているケースが多い。下水道で流せるようになれば、保管やごみ出しが不要になるメリットがある。一方、下水処理場で受け入れる汚水が増えることや、高額になると予想される粉砕機の購入費負担といった課題もある。

 国交省は、家庭のトイレのスペースに、紙おむつ専用の粉砕機を設置することを想定。おむつの処理に必要な粉砕機の性能や、従来よりも強い水流にできる下水管、水に流しやすい紙おむつの素材などについて、メーカーと意見交換し、必要に応じて助言することを検討している。

 有識者委では、紙おむつを下水道で受け入れる際の影響を分析し、下水道に流すことができるおむつの材質や粉砕後の大きさに関する考え方、粉砕機の普及や利用法の周知について話し合う。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加