福岡市内にある佐賀銀行の支店から、行員の立場を利用して共犯者と現金5430万円を盗んだとして、建造物侵入と窃盗などの罪に問われた元行員の吉田淳被告(43)に、福岡地裁は16日、懲役6年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

 岩田淳之裁判官は判決理由で「被告は行員の地位を悪用し、窃盗に不可欠な役割を果たした。銀行の信用を失わせ、実刑は免れない」と指摘。別の行員が管理していた支店の鍵を盗み、現金を保管した金庫の扱い方に関する情報を共犯者に提供したとした。

 判決によると、吉田被告は知人の服部龍二被告(36)=窃盗罪などで実刑=らと共謀。昨年8~10月に佐賀銀行干隈支店(城南区)で現金を盗み、窃盗目的で箱崎支店(東区)に侵入したほか、高額預金者の情報を服部被告に提供した。

 被告は公判当初、起訴内容を否認していたが、途中から認めていた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加