男子決勝・唐津-伊万里 第1セット、唐津の堀口勇太がスパイクを決め、3-2とリードする=小城市の芦刈文化体育館

 ともに1セットも落とさず勝ち上がった男子決勝は、フルセットの末、唐津が伊万里を下し、5年ぶり2度目の頂点に立った。酒井政宏監督は「打っても打っても決まらない苦しい試合だったが、みんなが冷静にやってくれた」と語った。

 ラリー戦となった最終第3セット。エースの堀口勇太は「みんなの期待に応える」と奮起した。5-5の場面でレフトからスパイクを真っすぐたたき込んで勝ち越すと、チームは堅実な守備で相手にリードを許さなかった。

 8月の全国大会は予選リーグで敗退したが、主将でセッターの桐村涼太は「全国のレベルを見たので落ち着いて試合ができた」と喜んだ。合同で練習している玄海も女子Aパートで優勝し、最高の形で肩を並べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加