トヨタ紡織九州-トヨタ自動車東日本 後半、相手の厳しいマークに遭うトヨタ紡織九州のCB金東〓(吉を横に二つ並べる)(左から2人目)=香川県高松市の香川総合体育館

 第42回日本ハンドボールリーグ第7週最終日は15日、香川県高松市の香川総合体育館などであり、男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)はトヨタ自動車東日本(宮城県)に26―33で敗れ、今季2度目の3連敗を喫した。通算成績は1勝1分け6敗。順位は変わらず8位。

 トヨタ紡織九州は前半、RW荒川蔵人のゴールで先制。CB金東喆(キム・ドンチョル)を得点源に先行したが同10分に勝ち越しを許すと、前半の終了間際に3連続失点して13―18で折り返した。後半は2度の3連続得点などで追い上げたが、最後まで攻撃がかみ合わず、逆に点差を広げられた。

 9チームによる3回戦総当たりで争う今季リーグ戦は今週で1巡目が終了。トヨタ紡織九州は第8週最終日の22日午後3時15分から、愛知県の春日井市総合体育館で大同特殊鋼(愛知県)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加