選手に指示を出すC大阪の尹晶煥監督=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 「清武をどの位置で使うか悩んだが、うまくいった」。C大阪の尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督は、采配がずばり当たって古巣の鳥栖から逆転勝利を奪い、満足げな表情を浮かべた。

 尹監督は、13試合ぶりに先発復帰した清武を左サイドに起用。清武はたびたび攻撃の起点となるなど躍動し、後半13分には水沼のクロスを頭で合わせて決勝点を挙げた。

 約2年8カ月ぶりのベアスタとなった4月のルヴァン杯1次リーグは、鳥栖と4-4の引き分け。「(ベアスタで)今年2回目の試合だったが、負けなくてよかった」。3連敗から脱し、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)争いに望みをつなぐ1勝に自信を深めていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加