子ども2人の獅子つりに操られるように舞う赤獅子と青獅子=鳥栖市江島町の下宮(江島町公民館)

子ども2人の獅子つりに操られるように舞う赤獅子と青獅子=鳥栖市江島町の下宮(江島町公民館)

 鳥栖市村田町にある村田八幡神社の例大祭が15日あり、小雨降る中、市重要無形民俗文化財「村田浮立」が盛大に奉納された。

 大名行列の様式を残す村田町・江島町の行列浮立と2頭立ての獅子などが特徴。村田八幡神社で神事の後、総勢約100人が約3キロ先の下宮(江島町公民館)まで練り歩き、午前11時過ぎから、雨も力に変えて勇壮な舞いを奉納した。

 地元の人たちによると祭りは昭和30年代ごろ、一時途絶えたが、火事や災害などに見舞われ、数年後に復活したという。斉藤友幸江島町区長(72)は「祭り当日の雨は久しぶりだが、豊作への感謝と無病息災を祈って奉納したい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加