簿記能力検定上級に合格した唐津商高3年の岩田育実さん=唐津市の唐津商高

 唐津商業高会計科3年の岩田育実さん(18)が=唐津市=が、全国経理教育協会の簿記能力検定上級に合格した。税理士や公認会計士の試験を受けるために必要な資格で、同校は「高校生には難しい試験。後輩のいいお手本になる」と喜ぶ。

 試験は年2回。岩田さんが受けた7月の試験は1920人が受験し305人が合格。合格率は15・89%だった。岩田さんは400点中、合格ラインちょうどの280点で、「手応えはなかっただけに、合格と聞いて現実かと疑った」という。

 将来の夢は「親身になって相談にのる税理士」と岩田さん。日商簿記1級合格という次の目標に向かって勉強に励む。同校OBで、岩田さんを教える兼武順一教諭(39)は「後輩としても鼻が高い。これからも努力して夢を叶えてほしい」とエールを送った。

このエントリーをはてなブックマークに追加